読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まほうのことば

小説の新人賞などに応募しています。本の話や創作の反省。黒田なぎさ

さびれぽ

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 ・話題になって買ってたけど、何となく読んでいなかった。資料で必要になってきたので読んだら衝撃だった。
・前半は作者のウツの半生。けっこうつらすぎてキビしかったので、後半から読んだほうがいいかもしれない……。形としてはサクセスストーリー?なので後半はハッピー。(全体として耳が痛い話もあるので、うす目で読んでいる)
・20代まんなかの若者の話であり、新入社員の話であり、新人マンガ家の話でもあった。就職の面接で面接官にさとされる話すき。

f:id:dianachrestomanci:20161208093554p:plain

・引用したいシーンがありすぎてすごい。自分の半生をつぎこんだマンガとはいえ

・ふつうにマンガ上手だ思うし、感情を言語化するのがとても上手だと思う。こういうのってなかなかできない
・テーマは「自己肯定感」だと思うのだけど、レズ風俗も「自分のためにやるぞ」みたいな感じだったし、創作も発表も宣伝も自己肯定感が大事なんだなあ。

・名言は「ドゥルン」と「おセックス」わろた。

・ここまで自分を描く?のはすごく難しいと思うのだけど、編集さんとよく話し合ったのだろうか。ほとんど思考、内省のコマが多い、けど飽きさせない表現が上手だった。

・おもしろいの指標のひとつが共感(シンパシー)がいかに多くあるかなのだけど、これはそう。ほかは爽快感とかハラハラドキドキとか理想のシーンとかいろいろ。見ていないけど「逃げ恥」はどうなんだろうか。

・言ったらアレなんですが、半年ぐらい小説連載して、読み手の反応がなかったらキビしい。(仮に読んでくれていたとしても)しかもそれは練習のための創作じゃなくて、あきらかに読まれるために書いてるやつなの。これは自己肯定ないとしぬ。好きに書けばいいやんと前は思ってたけど、あきらかに外向きの書き方なので、好きに書けるわけない。サービス精神ばりばりで、「読んでくれ!」と思いながら書いてるやつなので。バランスがわからん。