読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まほうのことば

小説の新人賞などに応募しています。本の話や創作の反省。黒田なぎさ

おもいではおもいで

好きなゲームランキングベスト10とか考えると、どうしても子供のころにプレイしたゲームがランクインする。おすすめ小説ベスト10でも児童小説が入ってくる。
 思い出補正かどうかはわからないけど、10数年も心の中に残っていたらそりゃ好きなものになる。何回も読み返したり2次創作をやっているうちに愛情が深まっていくのは当然と言えば当然。たかだか1、2年記憶に残っているのと、10年以上記憶に残っているのでは、あまり戦いにならない。
何が言いたいかというと、それでベスト10を決めても、他人はどう思うだろうかという感じ。

ではいま、ここ最近で読んだ本の中でオススメを考えると……なんだろう。それは何年も読んでるとかじゃなくて、瞬発的なもの。漫画だとリューシカ・リューシカミスミソウフリップフラッププラネテスは入るかもしれない。これらもぜんぶ電子書籍で買って、ヒマなときに読み返しているもので、やっぱり記憶の定着がすごいし思い出がすごい。小説は?

 

ミスミソウ: (1) (ぶんか社コミックス)

ミスミソウ: (1) (ぶんか社コミックス)

 

 

 

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

 

 小説は……うーん。あまり読み返さないのでよくわからない。印象に残っているのは『夜と霧』と『わたしを離さないで』かもしれない。夜と霧は小説じゃないけど。やっぱり名作はすげーと思う。ただそれも、名作は目に触れる機会や聞く機会が多いので、好きだと錯覚しているだけかもしれない。

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)