読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まほうのことば

小説の新人賞などに応募しています。本の話や創作の反省。黒田なぎさ

連続小説講座・さいご

・しばらく日記が書けず。仕事が忙しすぎてとても悲しかった。かなしい

 

・小説講座、最終回。とわたしの作品回。よく考えたら大トリだった。題材は「クオレ・マッキナ」

 ・ちょいちょい「書き慣れてますね」と言われるのだけど、常套句みたいなものだろうか。それとも歳に比べてということか。私が感想で「書き慣れてますね」というのは、本当にレベルが高くないと言わないと思う。

 

・ちょいちょいよくわからない文章がある。これは下手なだけ。

・酔ってる文章がある。ああ。

・しんどいことはスルーである。

・「かなしい」とか「うれしい」とかいう感情表現がよくでるのはツイッターのやりすぎか、私がかなり疲れてるから

・アサミの悩みがよくわからなかった。ここはわりとキモのような気がする。うまく書けなかったのは、私の過去の体験とかなり近かったので、あまり深く掘り下げられなかった。もう少し離せばよかった。

・ロボットに心はあるのか、という、ものすごくベタなテーマなんだけど、けっこう受けたらしい。心があるかというか、その人間がおもしろかったらいいんじゃねというタイプ。テーマとしてはOK

・親の目線で読んだらすごくおもしろかった。思春期ってこうだよなあっていう。このまま録音しちゃおうかと思ったよね。

・家庭用ロボットだったらピアノを弾けるのは当たり前で、子どもの世話をするのが一番だろう。あとクラウドなんだから実験はおかしい。記憶を消すというのもおかしい。どういうことだってばよ。

 

・悩みのことは感情移入できなかった。逆に感情移入せず、たんたんと読んだ方がよかった。10代の悩みなんてそんなもんじゃねという。

・もう少しアサミの悩みを明確にした方がいい、ということ

・メモ。同人、こまくさ、風、中脇初枝、きとうし。

 

・朝からとにかく体調がガタガタで、しんどかった