読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まほうのことば

小説の新人賞などに応募しています。本の話や創作の反省。黒田なぎさ

『彼女がエスパーだったころ』 宮内悠介

 

彼女がエスパーだったころ

彼女がエスパーだったころ

 

 

・『疑似科学』、ニセモノ化学?がテーマの連作6編。ミステリでもある。むかしのTRICKを思い出す。

・ざらざらの紙面がいいなあ

・巻末の参考文献が勉強になる。この短編だけでもやっぱり資料がいる

・『エスパー界のゆるキャラ』スプーン曲げを得意とする千春ちゃんが、『細かいところは知らないがなんとなく可愛いし好き』。

 日本はなんとなく可愛くて楽しくて好きだったらなんでもOKでござる。エンタメとはそういうものか

 

・1話目。サルが放火をはじめた。2話目、スプーン曲げをするエスパー。

3話目、『ムイシュキンの脳髄』オーギトミー手術という、脳の一部を切除することで性格が変わった男の話。

4話目、『水神計画』水に声をかけると性質が変わる話と、移動式原発

5話目、『薄ければ薄いほど』ホスピスの話と自殺、それから

6話目、『沸点』。また出てきた千春ちゃんと怪しげな会。