読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まほうのことば

小説の新人賞などに応募しています。本の話や創作の反省。黒田なぎさ

もういちど書き直す

★「改稿」がわりと苦手です

 

いま書いてるやつならまだいいのですが、時間をおいてもう一度書く、となると全然ダメで、むかしの作品をいじれない。

時間がたてばたつほど作品がカチカチになって、なんか固まっていく感じがします。

 

で、改稿するときに、気分を上げるため、その作品の外伝みたいなのを書きます。

そういう外伝集を置ける場所があったらなー。

 

でもまあ、それは根本的な解決にならないのですが。

過去の作品を見られないわけじゃなくて、いじれない。

でもう1回書いた方が早いんじゃないかってことになるんですけど、それもしんどくて。

やっぱり新しいことをぐんぐん考えてるほうが楽しいんですかね。どうなのかな。

 

★ プロットも資料も残さなくて。

書くときは資料をばんばん読んで、頭の中に(設定も)詰め込んで書くのですが、時間を置いてそれを忘れちゃうとどーも盛り上がらない。

資料を残さないというか、残しても読むものにならないというか……。

 

★ 寝る前にプロットを少し考える。

それがイヤということは書きたくない作品、ということなのですが、まあ段階にもよりますね。

うーぬ。